給水方式 変更 工事

給水方式の変更を依頼する業者を見つける方法

水道は毎日の生活に欠かすことのできない水を届ける大切なものです。蛇口から安全な水が出てくることは実は当たり前ではなく、安全な状態で送られた水をきちんと供給するための水道設備の存在が必要です。自宅の敷地内の給水設備は建物の持ち主が管理する必要があります。マンションやアパートのような集合住宅と一戸建ての個人住宅とでは条件が異なりますが、給水には貯水槽水道方式と直結増圧方式とがあります。集合住宅などの大きな建物ではこれまで貯水槽を設置して各家庭に水を供給する貯水槽方式が中心でしたが、近年では貯水槽を置かない直結方式への変更を希望する所が増えていると話題に上っています。そして給水の方法を変える際には、信頼のおける業者選びも重要なポイントになります。

給水方式を変更することのメリットを熟知した業者を選ぼう

一戸建てでも例えば3階建てなどの建物の場合、最上階へも安定した水圧で給水できるように直結加圧給水方式が利用されます。マンションなどのように多くの住人が生活する建物で、貯水槽方式から直結給水に変更するにあたってはメリットもデメリットもあります。集合住宅では個人の住宅と異なり、住民に対してわかりやすくそれらの違いを説明することが求められ、住民の同意を得て初めて実施に踏み来ることができます。給水方式を変更するにはそれなりの費用が掛かるため、依頼する業者にはそのメリットを詳細に、誰にでも理解できるように説明できるところを選ばなければなりません。長期的な目で見た時に直結給水にすることでどんな変化が生まれるのか、費用対効果はどうなのかといった事は、住民の同意を得るためには、誰にでもわかりやすくきちんと理解してもらえる説明が欠かせません。

提示された工事費の安さだけで業者を選ぶのは危険

どんなサービスを選ぶときにも言える事なのですが、見積もりを取った時に金額の安さだけで選ぶことはとても危険をはらんでいます。例えば全く同じ製品ならば少しでも価格が安い方を選べば良いかもしれませんが、給水方式の切り替えのような工事を請け負う場合、単に金額が安いだけで選ぶようなことは避けるべきです。見積もりに提示された工事内容や使用する資材など、専門的な内容にも疑問を持ったらどんどん質問してみて、依頼主からのどんな質問にも丁寧に答えてくれるところを選ぶことが大切です。また、給水設備などはその後のメンテナンスも必要になる事が多いものです。依頼する業者を選ぶ際には給水工事に多くの経験と実績を持っており、アフターサービスへの対応も万全な信頼できる業者を選ぶことがなによりも大切です。