給水方式 変更 工事

これが給水方式変更工事のタイミングのサインです

給水方式には主に2種類が存在し、水道直結と貯水槽の二つに分けることが可能です。水道直結では地中に埋まっている水道管の本管から加圧ポンプを利用することで、それによって各部屋の水を使用することができます。一方、貯水槽方式では水道本管から一旦、槽に水を貯水し、そこからポンプを利用することで各部屋に水を供給する仕組みになります。なお方式を変更するための工事は、従来の貯水槽を水道直結の方式にする上で行われることが多いです。そのタイミングには、住んでいる自治体の助成金の整備が行き届いた場合や貯水槽方式による衛生上の不都合、メンテナンスの必要性の有無などの事情によって行われます。また一般的には貯水槽の寿命は設置された後、約30年と言われていることもあり、その寿命が尽きたタイミングが目安になります。

衛生上の問題や老朽化のタイミングで行われる

給水方式の変更工事のタイミングは、貯水槽は一時的に水を貯水する施設で人々の使われ方によっては水が古くなってしまう懸念があります。もちろん古い水の場合、衛生上の問題が発生することもあり、人々の健康へ悪影響を与えてしまいます。また貯水槽にネズミの死骸が入っていたり、カビなどの問題も生じることもあります。しかも設置後30年を経過すると、貯水槽が老朽化してくるのも事実で、メンテナンスなどを必要とします。他にも維持・衛生上の問題をクリアするための検査やメンテナンス作業を必要とするため、そのための維持費の問題が起きることが多いです。従って水道直結方式の方が何かと都合が良いため、それに給水方式を変更するための工事を行うことが重要になります。経費のかかるため、衛生上の問題や老朽化を目安にして一気に行うことが多いです。

費用の一部を助成金で賄うことができるタイミング

給水方式の変更工事は、意外と大規模となることも多く多額の費用を必要とするケースがあります。一般的にはマンションに住むなどの集合住宅で実施されることも多く、その戸数分に行き渡るようにしなくてはなりません。また貯水槽の撤去も行わなくてならないなど、そういった費用の負担も生じてきます。こうした多額の費用負担が生じることも、及び腰になりやすいのが実態です。ただ地方自治体によっては住民の健康的な生活に貢献するとして、補助金制度が整備されていることもあり、助成金を得ることができる場合があります。助成金ではかかった費用の一部を負担してくれることもあり、実際のかかる費用を軽減することができます。毎年、その条件や助成を受けられる金額についても変動していることもあり、過去よりも条件が良ければ、水道直結方式にする一つの目安にもなります。