給水方式 変更 工事

家の種類によって変わる給水方式の変更工事内容

普段いつでも使うことができる水道ですが、建物によって給水の方法が違っていたりします。基本的なものは直結式のものがあり、それは水道管から直接水を供給する形になります。そのため高いところなどには水圧の理由から、使用できないこともあるので注意が必要です。またそれを増圧したものもあり、それは高い位置にも届けることができます。その他にも貯水槽を利用したものがあり、高い位置に設置して自然に流すものや圧力を加えて流すものなど種類も様々です。このように給水方式には種類が違うものがあるので、変更工事の内容も違うものになります。これは大きく分けて二つでありポンプ直送方式への変える場合、そして直結増圧方式に変える場合があるのでそれを覚えておくことが大事です。

ポンプ直送方式へ変える場合には

ポンプ直送方式への変更工事は、高置水槽方式という給水方式から変えることになります。高架水槽方式の揚水ポンプは高架水槽まで水を上げるためだけであり、各家庭に水を供給するには加圧給水ポンプが必要です。そして揚水管と給水管を直結することが必要になり、不要になる高架水槽と架台を撤去します。大きな流れとしてはこのようになり、取り付けた際の場所などによっては作業をしやすいように手を加えることがあります。ポンプ直送式にすることで、高架水槽を経ることなく各家庭に水を届けることが可能です。そうすることにより余計な場所を通過しないので、水が汚染されることを防ぐことができます。作り自体はシンプルになるので、図で解説することによりさらにわかりやすくすることができます。

直結増圧方式へ方式を変える場合は

高置水槽方式やポンプ直送方式から変える物であり、作りはとてもシンプルになります。貯水槽を必要だったものが、それがなくなるのでとても分かりやすい物になります。まず古いポンプ類を撤去して、道路の配水管から引き込んだ給水管に増圧ポンプを接続です。揚水管と給水管の直結工事を行い、貯水槽と架台を撤去という流れになります。そのため直結増圧方式への変更は、給水方式を変える中でもシンプルなものです。また貯水槽を経ることもないので、清潔なため安心して使うことが可能です。そのほかにも配水管の水圧も利用するため省エネであったり、貯水槽の維持管理費用が無くコストも少なくすることができます。余計なスペースも必要ないので、場所を広く使うことができる点も魅力の一つになります。