結婚式で注意する事

結婚式に気をつける事

トップ / 結婚式に気をつける事

結婚する前に知りたい情報

結婚の祝いの言葉について

結婚披露宴に呼ばれた時、お祝いの言葉やスピーチを求められる場面が出て来ることがあります。友人達と寄せ書きでお祝いのメッセージを送る時は多少砕けても大丈夫ですが、大勢の人の前でスピーチとなると、かなり気を遣わなければなりません。結婚披露宴が、親しい友人と親族のみのアットホームなウエディングパーティーは別ですが、職場や新郎新婦の両親の付き合い上の招待客が多数出席するような盛大な披露宴となると、新郎新婦のエピソードひとつ取っても慎重に言葉を選ぶ必要があります。若者には通じつ冗談でも、年配の方々には眉をひそめてしまうなんてことにはならないようにします。

結婚式のスピーチ

式の祝いの言葉の注意点

結婚式に参列してスピーチをすることがありますが、そのような祝いの席では「繰り返し」や「終わり」を連想させるような「忌み言葉」は使ってはいけないとされています。話し慣れている人でも、忌み言葉を使わないようにして話すことは難しく、話慣れていない人ならこのような場面ではなおさらうっかりと使ってしまう可能性があります。「度々」「戻る」「返す」「変える」「薄い」「閉める」「最後」など、気をつけていても話の中に入ってしまいそうなものがあります。特に「最後になりましたが」などは話の締めについ言ってしまう可能性があります。結婚式で祝いのスピーチを行うときは、これらを確認して事前に書き出しておくことが大切です。