給水方式 変更 工事

給水方式の変更工事にかかる相場とは

建物の老朽化に伴って給水方式を変更する人がいます。中でも多いのが貯水槽水道から直結給水方式に切り替えする人で、業者と気軽に相談することができたり依頼することが可能です。例えば自治体によっては相談することができる業者が場合、無料で費用などの情報を得ることができる直結切替え見積りサービスなどを提供しているので便利です。必要に応じて利用することができ、直結給水の普及や促進を図るためいろいろな支援策を利用することができます。直結給水に変更する際、道路部分からメーターまで給水管を現状より大きくしなければいけない場合、増径工事に関して水道局が施工してくれるので便利です。業者が現地調査を行い、既存配管やポンプ、受水槽の位置などを把握し判断してくれます。無料で見積りしてくれるので便利です。

建物のサイズなどによって費用が異なります

費用は建物によって異なりますが、例えば受水槽があって3階建ての場合直結給水に切替すると、受水槽撤去や加圧ポンプ撤去、配管改修などで10戸程度なら50万円で、20戸程度なら60万円ぐらいです。受水槽があって直結増圧給水に切替をする場合、受水槽や加圧ポンプの撤去、配管改修や増圧ポンプ設置を行うと、10戸程度なら130万円で、20戸程度なら200万円です。受水槽方式から直結給水方式の切替工事の場合、槽や加圧ポンプの撤去、高置水槽撤去や配管改修、増圧ポンプ設置を行うと、10戸程度なら200万円ぐらいです。直結給水方式の切替に伴う工事費について、業者に依頼すると見積もりしてくれるので便利です。槽があるとメンテナンスとして年1回義務付けられていますが、10年で120万円以上かかります。直結給水に変更するとメンテナンス費用が不要になります。

管理費用を削減できるなどのメリットがあります

直結給水にはいろいろなメリットがあり、例えば受水槽が不要になるので定期点検や清掃などの管理費がカットされます。メンテナンス費用を抑えることができたり、受水槽のスペースが不要になり、駐車場や駐輪場などに有効活用することが可能です。水道本管の水圧を使用できるので電気代が安くなり、水道本管から水を直接取り込んだり配水するので安全で衛生的な水を利用することができるでしょう。受水槽汚染などによる水質悪化を心配することもありません。直結給水のデメリットとして、給水本管において断水が起こると給水が不可能となります。建物の高さや戸数などによって増圧ポンプを設置しなければならず、6階以上の建物には増圧ポンプが設置されます。高層階の場合は停電になると水が出ないケースがあり、5階程度なら水を利用することが可能です。